葬儀は “処理” ではありません。

ホームページでお葬式を検索すれば、数限りない葬儀の情報が押し寄せる今日。そのほとんどが、自社の価格の安さ、価格設定の正当性を声高に謳っています。
「葬儀一式30万円」「火葬式(直葬)一式15万円」「追加料金一切不要」…等々、お客様にとっては、ほんとうに何を信用してよいのかわからないほどに、ネット上には無数の価格情報が氾濫しています。

HPイメージ例えば、「葬儀一式30万円」「火葬式(直葬)一式15万円」。
これはもう、社会的に表面化していることですが、こうした謳い文句で広告を展開している葬儀社の多くは(もちろんすべての葬儀社ではありませんが)基本料金を安く設定して、後に諸々の追加料金で価格の帳尻をあわせています。
そもそもサービスの質や自社の情報をほとんど明らかにせず、価格のことのみを広告で打ち出すことが怪しいのですが、こうした業者とのトラブルを避けるためには、事前にきっちりと明確な見積を取り、すべての事項について曖昧にしないことが大切です。

また、「追加料金一切不要」ですがそのカラクリは…。
全国的に展開するフランチャイズ葬儀社(今日では大手流通業などもこの事業に参入)が元請けとなり、地元葬儀社に外注する形態をとっています。
通常、葬儀はお客様と葬儀社の契約により進行されるのですが、この形態だとフランチャイズ葬儀社(元請け)と地元葬儀社(下請け)との契約により葬儀が執り行われるので追加料金は発生しません。が、式の状況に応じて様々な変更事項が発生した場合もスムーズに対応してはくれません。さらに、下請けとなる地元葬儀社は元請けに仲介料を取られることになるため、通常よりかなり安価な金額で葬儀を請け負うこととなり、必然、式のレベルやサービスが低下することは否めません。
「価格をどうしても安く済ませたい」とおっしゃるお客様には、ある意味、便利なシステムかもしれません。けれど、葬儀は「しまった!」と感じてもけっしてやり直しが効きません。

system

私たち日本トータライフ協会加盟企業は、まず、お客様との対話を通じて、「そのお葬式の目的と意味」について明確にすることを心掛けています。
お客様が「どうしてもこの金額以内に納めたい」とおっしゃれば、もちろんその金額内での施行とサービスに全力を尽しますが、そもそも、その葬儀を行う目的と意味についてしっかりとヒアリングした上で、故人の人生、その出会いや歩まれて道のりについて、まず、最大限の敬意を払うことから、初めてその葬儀を行う意味が生まれると信じています。

扱うものがこの地球上でもっとも尊い“命”である以上、
葬儀はけっして“処理”であってはならない

という想いが、私たちの活動の原点です。